FC2ブログ
兵庫県芦屋市で活動している動物愛護協会。設立して66年という長い歴史を持っています。 活動は市民のボランティアで、資金は会員からの会費(年会費1口1000円)とバザーでの収益金や寄付などで成り立っています。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
2007年09月30日 (日) | 編集 |
【この犬は既に譲渡済みです】 (今年2月に解決しました)
 参考までに⇒保護当時の記事(過去ログのページ)
          里親譲渡時の記事

警察に迷子で保護されていたバーニー顔のMIX犬。
南芦屋浜の総合公園近くで放浪しているところを犬のお散歩中だった方が発見。犬を見て嬉しそうに近づいて来ましたが、首輪もリードもつけておらず、近くに飼い主らしい人の姿も見えなかったので、迷子として警察へ届けられたそうです。
img20070930.jpg
芦屋署では、迷子犬はフェンスで囲まれた庭のような一画に置かれた犬小屋に繋がれて保管されているのですが、警察の方が近づく度に興奮して大騒ぎをして大変なことになるので、犬の苦手な署員だとエサとお水をあげるのが精一杯だったようで、お散歩にも連れて行ってもらえていない状態でした。

確かに、人が近寄ると非常に興奮して吠えまくって飛びついて大暴れになってしまいます。犬をあまり知らない人だと、噛み付かれそうで怖くて触れないという状況はよく分かります。(非常に激しい甘噛みあり!!)なんとかリードをつけて散歩に連れ出して様子を見てみますと、どうやら凶暴性は無さそうなので、協会で保護することに決めました。(滅茶苦茶陽気で活発でフレンドリーな犬

その後、更に数日は余裕を見て保管期間を延ばしてもらいましたが、飼い主さんからの届出は、近隣の関係機関のどこにもありませんでした。元気すぎるこの犬を扱いきれなくなった飼い主が、遠くから車で芦屋に捨てに来たのでしょうか… う~~ん…そんなの許せませんよねっ!!

動物病院で健康診断と血液検査をした後、シャンプーをして綺麗にしてから、一時預かりボランティアさんのところへ連れて行きました。でも、先住犬との相性が悪くて平和に共存出来そうにない様子。とりあえず、外飼いで預かってもらうことにして犬小屋のセッティング。翌日からは、私も毎日そちらに通ってお散歩をしながら、この犬にしつけを入れて行くことになりました。

人を見ると嬉しくて楽しくてガウガウ!!ピョンピョン!!とにかくやたらと興奮しやすいハイテンションの犬です。こういうタイプは、一緒になって元気に遊んでやるとますます興奮してしまって、もう滅茶苦茶なこと(噛まれまくるわ、飛びつかれるわ)になってしまいます。でも、下手に中途半端に叱ったりすると、遊んでもらったと勘違いしてますます喜んで興奮してしまいますから、「静かになるまでは相手にしない作戦」で行くのが一番無難なやり方でしょうか。
散歩に連れて行くのが私だけでなく、一時預かりのご夫婦+従業員の方+友人とここでは色々な方のお世話になるので、接し方をある程度統一させておく必要があります。
犬が興奮して飛びついたり吠えかかったりしている時は、下手に相手をせずに「オスワリ」と静かにキッパリと一言コマンドを発し、犬が静かになるまでは無視して声もかけない顔も見ないようにして… とお願いして帰りました。 ←徹底出来るかは不安でしたが…
(必要最低限憶えておきたい便利なコマンド「オスワリ」「マテ」「ハウス」は、私が取り急ぎ教えてみたら、直ぐに憶えてくれました。とても賢い仔でしたエライぞ!!単に食いしん坊なだけかな

こんな調子の元気すぎる仔ですから、静かで落ち着いた犬を希望される方には全くお奨め出来ません。活発な犬が好きな方でも、実際に会ってみるとあまりにもテンションが高いので、タジタジとなってしまうようで、お見合いをしてもなかなか上手く行きません。
でも、ある日のこと、散歩中のバーニーちゃんを見て一目惚れした方(マンションの室内飼いという飼養環境)が里親希望の名乗りを上げられました。そこで、この仔が室内でお行儀良く出来るのかどうか、急遽我が家で練習してみることになりました。(二泊三日のワンコ版「マイフェアレディー」ですね)

恐る恐る家の中に入れてみたら、我が家の犬や猫とは、平和に仲良く共存出来ることが判明。なあんだ、心配して損したな♪って感じ。猫とはいきなりラブラブモードでした。(下のビデオを参照)
我が家の猫達の落ち着いた歓迎ムードのお陰でしょうか。やたらとはしゃいだり暴れたり吠えたりすることもなく、静かに良い子でのんびりムードでお部屋の中でくつろいで過ごすことが出来ました。この調子なら、明日のお見合いも上手くクリアー出来るかもね       ~下に続きます~   

室内でも大人しくお行儀良く過ごせるようにと、ポチ宅でお泊り特訓(?)をして、お見合いに臨むバーニーちゃん。
里親候補さんの住むマンションへと、ふたりでドキドキドキドキ大しながら向かいました。
里親候補さんは、なんせバーニーちゃんに一目惚れした方ですし、犬の扱いにも手馴れており、躾の知識も豊富そうな方(向学心もあり)なので何も問題は無いのですが、心配なのはご家族の皆さん。彼女がお仕事に出かけて留守の間、バーニーちゃんと一緒に過ごすご両親が、彼と上手く過ごせるかどうか・・・それがが不安な点だったのです。
結果は…開口一番「こんな大きな犬とは思ってなかった。こんなの怖いわ~汗と言われてしまいましたぁ!!ガビョ~~ン!!困った
どうも交渉の余地は無さそうです。静かに大人しくしている状態のバーニーちゃんを見て怖いと感じるようでは、あんなに元気で興奮しやすい犬は絶対に扱えないでしょう。とても残念ですが、このお見合いは不成立。ションボリと帰路につきました。 うわ~ん泣く 悲しいな~ 期待していたのに・・・
ヤケ酒でも飲みたい気分の私とバーニーちゃんは、途中でドッグカフェに寄り道をして、珈琲とケーキと犬用ビスケットを美味しく頂いて帰ったのでした。

さて、それから2週間ほど経った頃、新たに里親希望の方が登場。ペットショップに貼ってあったポスターを見て、大学生の息子さんが電話して来られました。家族構成や飼育環境、犬の飼育経験などを訊いたうえで早速お見合いをしてみることにしました。

初対面でお会いするなり嬉しくて大はしゃぎのバーニーちゃんに「うわぁ~元気な犬ねぇ~!!」とビックリされたようですが、甘え上手でフレンドリーな犬だし、投げてもらったボールを拾って来ては座って待ってる可愛い仕草、コマンドにキビキビと従う賢そうな様子には感心してもらえたみたい。

でも、穏やかそうでホンワカした雰囲気の漂う奥様は、決してバーニーちゃん向きの方ではありません。このままお渡ししたりしたら、犬に振り回されて大変なことになるのは間違いないです。普通ならここで諦めるところですが、今回はこの素敵なご縁にイチかバチかで賭けてみることにしました。

この犬の扱い方のコツをしっかりと伝授出来る個人トレーナーに付くことを強くお奨め(紹介も)して、里親さんをフォローすることにしました。トレーナーの言うことは聞くけれど、家人のことは馬鹿にしてコントロール出来ない犬になってしまっては困りますし、里親さんの個性とトレーナーさんのタイプや相性についても考える必要があります。
「プロのトレーナー?そんなことしなくても大丈夫なんじゃなあい?♪」と呑気そうに言われますが、全然大丈夫じゃないと思いますよ!!(キッパリ)

室内飼いは出来ないとのお話でしたが、元々預かりさんのお宅でも外飼いだったので、あまり室内飼いにはこだわらないことにしました。(そのうち中に入れてもらえるかな?なあんて密かに期待はしつつ・・・)
甘え鳴きと無駄吠えが心配でしたが、なんとか静かに庭にひとりで落ち着ける様子を確認できたので、早速今日からお試し期間に入ることにしました。

次の日から、携帯メールに色々と報告が入って来ます。良いことも悪いことも…ハイテンションな犬に翻弄されている里親さんご一家の様子がありありと目に浮かびます。
「突然狂犬みたいになって、ひとりでギャンギャン!!言いながら庭中大暴れしてるけど・・・大丈夫?」
「噛まれそうで怖くて首輪にリードが付けられません!」 
「アナタ向きじゃない犬だわねぇ~って、お友達に言われるの」 
「最初から最後まで、ずうっと引っ張られながら散歩してるわよ」
「お客様が来る時は、裏に閉じ込めておかないと気が狂ったみたいに飛びついて大変よ~!」


引っ張られながら散歩しちゃダメ!!トレーナーさんに教えてもらったことはしっかりと守って下さい!!ってひたすらお願いするのみ。一度トレーナーを付けたからには、余計な口出しをして混乱させてもいけないので、静観するしかありません。大学生のお兄ちゃんとの関係は、わりと上手く行っているようなので、それだけが救いです。頑張れ、里親さんファミリー!!頑張れ、バーニーちゃん!!

数ヶ月間にわたり、色々さんざん苦労した里親さんでしたが、最近になってようやく犬の扱いにも慣れたのか、バーニーちゃんの方もチョッピリ大人になって落ち着いてきたのか、ちゃんと脚側させてのお散歩が出来るようになり、お買い物や獣医さんなど何処へでも連れて行けるようになったと聞きました。里親さんの心のケアーやフォローを続けて下さったトレーナーさんには、本当に感謝です。ハート 
ご家庭の持つ雰囲気と少々ミスマッチの犬を飼うことになってしまい、里親さんのご家族の皆様は、とても悩んだり困ったりしんどい思いをされたに違いありません。もう飼うのを諦めて返そうかと迷われたこともおありだったと思います。でも、皆さんで一生懸命頑張って下さり、とても愛情深くバーニーちゃんに接して下さいました。努力と情熱は素晴らしい結果に通じるものなんですね。心からの感謝と敬意を表します。本当にありがとうございましたハート
バーニーちゃん、優しくて素敵な里親さんのおうちでいつまでも幸せにね祝


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可