FC2ブログ
兵庫県芦屋市で活動している動物愛護協会。設立して66年という長い歴史を持っています。 活動は市民のボランティアで、資金は会員からの会費(年会費1口1000円)とバザーでの収益金や寄付などで成り立っています。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
2008年07月27日 (日) | 編集 |
8/13 本日新しい飼い主さんのお宅へお届けして参りました。
とても素敵なご縁に巡り会うことが出来て、大変嬉しく思っております。
どうぞ末永くよろしくお願い致します。皆様、ご協力をありがとうございました!


img20080727_1.jpg  img20080727.jpg

生後1ヶ月半位/オス/駆虫済み/エイズ・白血病の抗体検査済み 
全身ほとんど真っ白ですが、頭のテッペンに薄茶色のブチがあって、尻尾にも少し薄い茶色が入っていてチャームポイントになっています。とても可愛い仔猫ちゃんです。

【保護した経緯】
7月上旬のある日のこと、東山町にお住まいの方から、「どこかは分らないのだけど、近くで昨夜一晩中仔猫が鳴いていたので見に来て欲しい」との通報がありました。ひどく激しい雨の降った夜のことだったので、とても心配されたようです。私が行ってみたら、鳴き疲れてしまったのか、どこからもそんな鳴き声は聞こえてこないので、どこに居るのかはサッパリ分らず。

南側の空き屋になってる敷地の草むらを探していたら、さらに南側のお隣の方が「もしかしたら、仔猫をお探しですか?」って声を掛けて下さいました。
朝になってから、そのお宅の雨樋と家の外壁の狭い隙間に頭を挟まれて動くに動けなくなって鳴いていた仔猫を発見して救出されたのだそうです。多分まだ庭のどこかに居るはずだと思うとのこと。
通報して下さった方が、直ぐにそのお宅の庭に隠れていた白い小さな仔猫を発見!無事に捕まえることが出来ました。まだ生後1ヶ月位の仔猫です。

こんな小さな仔猫がひとりで居るはずはないので、どこか近くに母猫や兄妹猫が居るのではないかと思い、ふと周りを見まわしてみると…おや!?20メートルほど先の路上に白い野良猫がチョコンと正座してこちらをジッと見つめているではないですか。
「あんた、この仔のお母さんなの?」って訊いてみたら、サッと逃げて行ってしまいました。もしもあれがママじゃなかったとしたら、ここでこの仔猫を放したら生きてはいけないし、次はいつ捕まえられるか分かりません。とにかくこの仔猫は里親探しをする方向で保護。(通報者も発見者も仔猫を飼える環境ではないとのことでした)

車に積んだキャリーを取りに駐車した場所に戻って行くと、なんと!先ほど逃げた白い野良猫が先回りをしていて、また同じようにキチンと座ってこちらをジッと見ています。
「やっぱりお母さんなの?この仔、連れて行くからね!ちゃんと育てるからね!」と声を掛けたら、また逃げて行ってしまいました。(映画や小説ならば、ここで「にゃあ!」と一声鳴いて「うちの子を頼んだよ!よろしくね!」って言ってくれるのでしょうけどねぇ…(^^ゞ)
う~ん…あれは…本当にお母さん猫だったのかしら?仔猫がどうなるか心配で見つめていたのかしら?悪そうな人間じゃないと判断して、安心して託してくれたのかなあ?それとも、「大変だ!誘拐された!」って思って焦っていたのかなあ?

しかし、しかし…あの白猫さんがお母さん猫だったのなら…早目に捕獲して避妊手術しなくちゃ、この仔猫が居なくなったらまた直ぐに発情しちゃうかもしれませんよね。他の兄妹猫は居ないのかしらん?この地域には、野良猫が他にも沢山居るのかしら?(実はひそかに心配しています)
東山町の皆さん、どうなっているかまたお知らせ下さいね。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可