FC2ブログ
兵庫県芦屋市で活動している動物愛護協会。設立して66年という長い歴史を持っています。 活動は市民のボランティアで、資金は会員からの会費(年会費1口1000円)とバザーでの収益金や寄付などで成り立っています。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
2010年01月16日 (土) | 編集 |
さよならキング

一昨年の12月のこと、10歳のダルメシアンを飼われている方から、もしかしたら、愛犬を手離さないといけなくなるかもしれないので里親探しをお願いしたい という相談が入りました。
ご家庭の深刻な事情を聞き、とりあえずは1ヶ月間のお預かりをすることにして、問題が解決したらお返しするということになりましたが、結果は…結局ご家庭の問題が解決しなかったため、そのまま飼養放棄されることに…
この時、一時預かりを引き受けて下さったのがkatchanご夫妻。私の厚かましいお願いに快くOKして下さいました。

早速健康診断と去勢手術を実施。フィラリア陽性の結果が出ましたが、通常の投薬で対処出来る程度とのことで、健康面には問題が無く、10歳という高齢とは思えないほど元気溌剌な力強いキング君でした。

「もう私達は高齢で大型犬を最期まで飼うのは体力的に無理ですから、必ず里親さんを探して下さいね!」と釘をさされてもいましたし、ポスター掲示とネット上で里親募集をかけ続けていたのですが、高齢犬のためかなかなか良縁に巡り会えず(外飼いでの里親希望の方は数件あったのですが…)困ったことになったなぁと思いながら、そのまま時が過ぎて行きました。

最初のうちは、来客時には興奮して吠えたり飛びついたりするわ、散歩の時には引っ張りどおしだわ、散歩中の犬に吠え掛かるわ、 異常なほどに食欲旺盛で何でもかんでもペロリと食べてしまうわ… というようなさまざまな悩み事を抱えながらの生活で、色々大変だったと思うのですが、とても愛情深くお世話をして下さったお陰で、やがてキング君の気質も落ち着いてきて穏やかな名犬へと変身していきました。

そんな風にとても幸せな暮らしぶりだったキング君
もう里親譲渡は諦めて最期まで飼うしかないですね~と言って下さったkatchanご夫妻のお言葉に甘えてしまった状態でしたが (だって、今より幸せになることは有り得なかったし…(^^ゞ) 10年の間に何度も飼い主が替わったという境遇だったそうなのですが… 最後のこの2年間の間、彼がこんな風に幸せに暮らせたことは、本当に良かったと思っています。

2年間本当にお世話になりました!芦屋動物愛護協会のスタッフ一同、心より御礼申し上げます!!
皆さん!是非katchanの日記もお読み下さいね♪「僕の伝言板」 キングをお預けした当初からずっと日記が綴られています。


コメント
この記事へのコメント
優しくなったキングくん、幸せでよかったね。
本当にkatchanさんの所へ来る前は、芦屋川ですれ違っても
唸るわ、吠えるわ、で、とっても恐いダルメシアンでした。
katchanさんの所へ来ても、そんなワンちゃんだったので、みんな避けていました。
ところが、徐々に唸らなくなり、吠えなくなり、優しくフレンドリーな犬に変身をしたのです。
我家の小型犬のダロスにも優しく接してくれるようになり、ダロスはお兄ちゃんを待つように、キングくんが芦屋川に来る事を楽しみに待っていました。
12月の終もお散歩で会ったのに… 本当に残念です。
短い犬の一生の内の最後が幸せで良かったね。
これもkatchanご夫婦の優しい人柄が、キング君を変えたのでしょうね。
2010/01/21(Thu) 22:28 | URL  | ダロスママ #VxWpiOKc[ 編集]
淋しくなりましたね…
ダロスちゃんは、キングの前の飼い主さんがお散歩しているのに会われたことがあったんですか~\(◎o◎)/ビックリ!
元の飼い主さんは、ご家族でとても可愛がっておられたようなのですが、ご家庭の事情で結局は1年しか一緒に暮らせなかったとお聞きしています。手離される時は、本当に別れがお辛そうでした。
その前には老婦人が飼われていたと聞きましたが、定かではありません。あんなに引っ張りの強い犬を散歩出来るわけがないですからね~…どうしていたんでしょうね?

前から散歩中の犬が来るのを見ると、犬に反応して激しく吠え掛かって行くキングが制御出来ないため、直ぐに反対方向へ逃げて行くしかなかった様子でした。

最後の2年間はkatchanご夫妻に愛情深く飼って頂けたので、幸せで満ち足りた晩年を送れたと思い、その点では本当に良かったなと思っています。
キング君、お空の上からママとパパを見守っていてね♪
2010/01/22(Fri) 00:25 | URL  | ポチ(管理人) #hiiZJbic[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可